コンテンツ事業部

コンテンツ関連事業

コンテンツ事業部では、文字通りコンテンツに関連した様々な事業を、フジテレビからの委託を受けて行なっており、その内容は下記のように多肢に亘っています。

      (1) 番組を効率よく活用する為のメタデータ整備業務

      (2)「フジテレビオンデマンド」などの動画配信の為の権利処理業務

      (3)CS放送「フジテレビONE/TWO/NEXT」のケーブル局へのチャンネル導入営業及び広告営業

      (4)フジテレビのゲーム企画業務

現在の放送メディアのデジタル化・多チャンネル化・インターネットの目ざましい進化に対応する為に、フジテレビでは2001年にいち早く「デジタルアーカイブプロジェクト」を立ち上げました。このシステムの中核をなすのは、番組及び取材映像等を大容量映像サーバーなどに蓄積し、社内LANによって全社に配信する映像アーカイブシステムですが、このシステムを構成する重要な要素が「メタデータ(番組データ)システム」です。
いかに大規模なシステムを組んで膨大な映像を蓄積しても、映像の内容に関するデータが整備されていなければ十分に活用する事が出来ません。映像アーカイブシステムに命を与えるのが「メタデータシステム」だと言えます。又番組に関する権利情報をメタデータとして整備しておく事により、DVDなどのパッケージや、BS、CS、ネット配信、モバイル等への二次利用においても、瞬時に必要な権利情報の詳細を把握することが可能になります。
そしてこのメタデータ業務のノウハウの蓄積から派生した業務が2008年11月からスタートした「フジテレビOnDemand」での動画配信の為の権利処理業務です。
さらにフジテレビのCS放送「フジテレビONE」「フジテレビTWO」「フジテレビNEXT」では、広告営業とケーブル局へのチャンネル導入営業を行っています。

業務用磁気製品販売サービス

マクセルの業務用ビデオテープ、XDCAM、HDCAM、DVD-Rなどをフジテレビを中心に、放送局・制作会社等、主としてプロ向けに販売を行っています。

 

放送準備室業務

365日24時間休みなく放送されているテレビ。その素材は生番組とVTR収録番組があり、後者は全て放送準備室にオンエアの3時間前迄に納品されます。

(1)納品された番組の最終的な技術チェック
納品テープが放送基準を満たしているかどうか、オンエアーデータをサーバに送り込み目視で技術チェックを行ないます。問題がある場合は制作側に手直しを要請する等、放送の質を高める努力を続けています。

(2)CM部内でのファイリングと技術チェック
番組同様、放送基準を満たした作られ方をしているかのチェックをしながら,1日約100本をファイリングしています。

(3)アナウンスコメント収録
提供アナウンスコメント(提供読み)を収録します。提供CGの割りに合わせてアナウンサーに読んでもらいますが、タイミング、スポンサー名の読み方等のチェックをしながらファイリングを行ないます。

アーカイブ運用業務

放送終了後の番組テープは、アーカイブで回収され運用データベースに保存登録されます。これまで放送された30万本にも及ぶ番組テープや素材を、番組制作のために管理・運用する業務となります。